Andersen Institute of Bread & Life co. ltd

www.andersen-group.jp

お手本は、いつもデンマーク。
アンデルセングループがデンマークと出会ったのは、1959年のことでした。創業者が初の欧米視察でデンマークを訪れ、初めて食べたデニッシュペストリーのおいしさに衝撃を受けます。そのおいしいパンを日本の皆さまにもぜひ食べてほしいと試行錯誤を続け、3年後の1962年、日本で初めてデニッシュペストリーを発売しました。そしてこのときの訪問で感銘を受けたのは、デニッシュペストリーのおいしさだけではありません。それは、一人ひとりが自立して、暮らしを楽しんでいるデンマークの人々の姿でした。合理性を重んじ、本質を見つめる心。楽しむための努力を惜しまない、その暮らしぶり。デンマークは、私たちにシンプルという豊かさを教えてくれました。以来、私たちのお手本は、いつもデンマーク。アンデルセングループは、これからもベーカリーとして最高のクオリティを追求し、皆さまにパンのある素敵な暮らしをお届けします。